【業務には欠かせない設備】使いやすいオフィスデスクとは

業者の活用方法

利用可能なメニューとは

スポンジ

事務所だけではなくて、店舗や工場のクリーニングにも対応しているのが、ユーザーから高く評価されているオフィス清掃業者の特徴です。
対応エリアを確認してから見積もりを依頼すると、オフィス清掃業者がお勧めのプランを紹介してくれるでしょう。
特に事務所や工場を常に清潔な状態にしたいときに便利なのは、予算に合わせて自由に選べる、オフィス清掃業者の定期訪問サービスです。
業者の営業担当者のアドバイスを参考にして、トイレを中心にこまめに清掃してもらうのが、快適な職場環境を実現するコツです。
また業務に影響を与えずに、ビルや工場の内部を隅々まできれいにしたい場合に便利なのは、休日や夜間の作業にも対応しているオフィス清掃業者です。
フロア洗浄やコーティングのサービスを提供する業者を利用すると、オフィス内の汚れの悩みもすぐに解消できるでしょう。
一方で製造業の事業所内には、オフィスと工場が併設されている場合も多く、建物のタイプに合わせて最適なメニューを選ぶのが理想的です。
とりわけ工場内では油汚れが目立つケースも多く、業務用の洗剤を活用した、ハイグレードな清掃プランが役立つでしょう。
そして製造業の事業所内には、大型の空調設備も多数あるために、業務用のエアコンクリーニングのサービスを利用するべきです。
来客者が多い企業に人気があるのは、週1回の頻度でスタッフがクリーニングをしてくれる、トイレと洗面所に特化した清掃プランです。

日常清掃と定期清掃

清掃

経費削減のため、オフィス清掃はできる限り社員でやっているという企業があります。
職場を自分たちで清掃することは、組織への帰属意識を高め士気を上げるとも考えられます。
その一方で、本来の業務に回すべき時間が無駄になるという意見もあります。
オフィス清掃を専門業者に委託し、快適な職場環境を整えることは、特に職業意識の高い集団の能率を向上させるでしょう。
社員で清掃していると馴れ合いになりがちで、細かいところまで掃除が行き届かないというデメリットもあります。
外部の専門スタッフはプロの職務としてオフィス清掃を行っているので、すみずみまで気を配れるのが特徴です。
オフィス清掃には日常清掃と定期清掃があり、別々の業者に委託することも可能ですが、普通は同じ業者に依頼します。
日常清掃はオフィスルームやトイレや廊下など、いつも使用している場所の汚れを落とす作業です。
定期清掃は普段は手の届かない場所まで徹底的にきれいにする作業で、カーペットをクリーニングしたり窓ガラスの外側を拭いたり、蛍光灯やブラインドの埃を落としたりします。
定期清掃は休業日に行うのが一般的です。
日常清掃でオフィスの実態を把握している業者なら、定期清掃もスムーズに行えるでしょう。
このほかにエアコンのクリーニングや害虫駆除など、特殊な技術が必要なオフィス清掃もあります。
さまざまなノウハウを持っている清掃専門の業者なら、こうした特殊清掃にも対応できます。

清掃業者の選び方

清掃用品

オフィスを清潔に保つためには、オフィス清掃を行う必要があります。
オフィス清掃は小さなところでは自社の社員で行うところもありますが、モチベーションを保つためにも清掃業者に依頼するのが一般的です。
オフィス清掃を依頼する際に注意しなければならないのが業者選びです。
当たり前ですが、清掃業者でも信頼性のある業者を選ぶ必要があります。
新規参入や実績の乏しいところはスタッフの技術も低い可能性があるので注意しなければなりません。
また清掃スタッフは社外の人間ですから、セキュリティ面にも配慮している業者であることもポイントです。
また清掃スタッフも人間ですから器物破損が発生する場合もあります。
そのような場合の損害賠償保険に加入しているかも調べる必要があります。
一方でオフィス清掃に限らず清掃業務を業者に行ってもらうためには、業務委託範囲の確認が重要です。
内容としては、時間帯と清掃するエリアです。
基本的に内部の作業は業務時間外に行ってもらう必要がありますから夜間や早朝に対応しているオフィス清掃を利用することになりますが、その分費用が高くなります。
日中の方が費用は安くなりますが、その場合には業務に支障を来さないように配慮する必要があります。
また清掃業者によっては得意とする分野が異なるので、その点も留意して業者を選ぶことが失敗しないためにも大切です。
基本的な作業としてはトータルで清掃をするもののほか、フロアだけを清掃したりトイレや水回りだけを清掃してもらうといった作業などに分類することができます。